ヤドカリは左右のハサミをつかって、エサを探したり、敵から身を守ったりして生活しています。

飼っているヤドカリのハサミをよく観察したことはありますか?

その時、左右の大きさが違ったり、ケガをしているのを発見したら不安になってしまいますよね。

この記事では、ヤドカリのハサミについて、色々と知っておきたい事をご紹介します。

ヤドカリのハサミの大きさが違って心配

ヤドカリ ハサミ 左右 再生

飼っているヤドカリのハサミの大きさが違って、不安になっている飼い主さんがいるかもしれませんが、大丈夫です。多くの場合問題がありません。

ヤドカリのハサミは左右によって用途が違います。

小さいハサミで、殻の中のゴミを掻き出したり、大きなハサミで外敵から身を守ったりします。

特に大きいハサミは、殻の中に潜ったときに、貝殻の入り口をガードする蓋の役割をします。

なので、ヤドカリのハサミの大きさが違っても、心配する必要はありません。

ヤドカリのハサミがケガをしたら再生するの?

ヤドカリは、しばしば他のヤドカリとの喧嘩などによって、ハサミにケガをしたり、ハサミがなくなってしまう事があります。

ヤドカリは、脱皮を繰り返す生き物なので、脱皮をすることで体の異常を取り除くことが多いです。

ですので、ハサミも脱皮によって再生するようになります。

脱皮する体力がつくよう、エサを近づけて与えてください。

ハサミがないヤドカリは動くのが億劫になっている場合が多いです。

スポンサードリンク

また、他のヤドカリを一緒に飼っている場合、ハサミがない状態でストレスを与えられるとさらなるケガにつながります。

他のヤドカリがちょっかいをかける場合は別の水槽に移してあげましょう。

餌をたべて元気になったら、緊急脱皮をしてハサミが再生できるようになるのです。

焦らず、辛抱強く面倒をみてあげてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

飼っているヤドカリのハサミがなくなっていたら驚くと思いますが、焦らず落ち着いて対処してあげてくださいね。

スポンサードリンク