ペットにヤドカリを飼ってみたいと考えている方、ヤドカリは水槽で飼える上に静かなので、アパートなど一人ぐらしのペットにもおすすめです!

この記事ではヤドカリを飼うのに注意する必要がある点について紹介いたします。

検討している方は是非ご覧ください。

ヤドカリ 飼育 注意

ヤドカリを飼育する環境に注意!

まずは飼育環境です。

ヤドカリは一人暮らしのアパートでも飼える場合がありますが、まずは空調に気を付ける必要があります。

ヤドカリにとって、日中と夜の気温差は大敵です。

部屋の空調に気を付けるのはもちろんのこと、水槽内の水温と湿度に気を配りましょう。

外出するときも、ヤドカリのためにエアコンをつけっぱなしにする覚悟も必要です。

水槽用のヒーターを使って水温を一定に保ち、湿度が下がっている場合は霧吹きなどで湿らせてあげる必要があります。

特に、ヤドカリは乾燥しすぎると呼吸ができなくなるので、注意が必要です。

スポンサードリンク

動かないヤドカリに注意!

食べ物や餌、水槽の設備に気を付けることはもちろんですが、ヤドカリを飼っている方に特に知って欲しいことがあります。

それは、動かないやどかりを無闇に触らないということです。

ヤドカリは素早く動くこともありますが、見た目はとってものんびりした生き物です。

しばらく動かずに過ごすこともあります。

そんなヤドカリを見るとつい心配になってしまいがちですが、飼い主が触ったり持ち上げたりすることでヤドカリにストレスを与えてしまうことになります。

ですので、動かないヤドカリを見ても、しばらく様子を見て本当に動かないのかをよく確かめるようにしましょう。

特に、脱皮前後のヤドカリは、急に動かなくなりがちです。

脱皮中にストレスを与えると脱皮事故の原因になりますので、最新の注意を払いましょう。

まとめ

いかがでしたか?

ヤドカリを飼うために必要なのは、水槽やポンプ、ヒーターなどの設備だけではありません。

ヤドカリが快適にあなたの部屋で過ごしてくれるように、色んな注意点を知ってあげましょう。

スポンサードリンク